生きてます。

萌えっ娘もんすたぁゆっくり実況プレイ、「ぼくともえもん」のリンク・連絡事項などを書いてます。


【日記】

珍しく土曜日以外の更新。

大学初期の頃にノクターンノベルとか普通に読んでまして、
なんか仕事に疲れたんで久しぶりに見てたら、またはまっちゃったんで軽く紹介したくなっちゃいました。

というわけでお気に入り(ある意味)の奴をこそっとレビュー
ちなみに書籍化されてないののみです。書籍済みは大体面白いので。
※R18注意

【異世界の男は全滅したようです】
 なろうテンプレートの異世界トリップものですが、
 なんつーか、いろんな意味でどストライク。

 キャラクターは可愛いし、エロシーンはやばいし、俺の趣味と合致部分が多い←お察し。

 主人公も初期はチート能力とか思ってましたけど、普通に敵がもっとチートだったんで、
 意外と工夫と言うか苦戦しているあたりがグッドですね。
 ってのも、チートチートしすぎて何も苦戦しないバトルはあまり好みじゃないですし、
 といってもやっぱチートしてないとなんかどっかで堕ちるんじゃねーかって不安になるんで、
 その中間あたりが個人的に好きなんですね。ほどよく強く、ほどよく苦戦。
 話の流れもワクワク感があって続きを読みたくなる感じがいい感じですー。

 文体も読みやすいですし、書籍化されたら買いたいかなーと思ってる一作品。

【魔界行き鈍行列車の旅】
 キャラクターの会話がコミカルですごくライトノベルチックで読みやすい!
 そして行く先行く先のキャラクターが変態どもで残念感に浸れるのが楽しいです。

 そいでギャグチックかと思いきや、戦闘シーンの男らしさも光って普通に感動しました。
 いやまじジンバさんカッコイイ。変態でも戦闘でも行けるのはすごいっすね。

 難点はちょっと話の展開が早かったり分かりやすいところがあった点ですかね。
 でも大体お話初期のところだったんで、まだ慣れてなかっただけかもしれないです。

 個人的には好きな作品、ってかジンバさんのキャラクターが好きなんだけど。
 クリームまみれの虎顔描いてみたい。

【インモラルだっていいじゃないっ! ―変態転生者の淫蕩三昧―】
 実は途中でつらくなって読めなくなった危険作品です。
 でもいままでになかった異質さが面白いですね、
 ってかなろう作品でここまでキャラがぶち壊れているのは他に知らないっす。グロし。

 たぶん初期はそこまで突っ切るつもりはなかったんだろうなーと見えるんですが、
 中盤、後半あたりからの箍の外れ方、ぶっ壊れっぷりは正直引きました。
 ってか、綺麗な良識人が壊されて、歪められて、さらに壊れていくのはまじ耐えられない・・・。
 (最後の高笑いは寒気がやばかったです 猟奇殺人ってレベルじゃないですよほんと)
 力が快楽のためだけに使われたらどうなるのか。ある意味人間の本性を書いているのかも。

 まぁでもこういうノベルが一つ二つあってもいいかなと思います。
 おすすめはできませんが、読める人には面白いと思います。

とりあえずこの3作品で。
やっぱりキャラクターが可愛いこと、戦闘シーンが熱いことは大切ですね。
チートは好きだけど、毎回圧勝は飽きちゃう。そのバランス感覚が難しいところだと思います。

ちなみに私が好きっていう作品は大体絵の情景がフッと浮かんでくるんですよね。
余裕があったらそのシーンを書いてみたいなーとは思ったりしますけど、
いかんせん筆不精がなぁ・・・。
スポンサーサイト
コメント
萌えもんに関しての質問
もし掲示板に書いてあったり、過去に答えたことがあったらごめんなさい。
僕も萌えもんの実況をしてみたいと思うのですが、鹿verでの追加マップで実況可能の場所は「鹿の国」以外ならOKなんですか?
2015/06/07(日) 17:39:44 | URL | 京介 #rrddTEsY[ 編集 ]

京介さん

唆凪です、ご視聴ありがとうございます。
私が鹿さんに直接聞いた限りでは、鹿の国以外は実況可との了解を得ております。
公式の文言としては・・、萌えもんWIKIの掲示板や同梱のテキストに書いてあるかも。無かったらすいません。
2015/06/08(月) 00:48:37 | URL | 篇那唆凪(へんなさなぎ) #-[ 編集 ]

唆凪さん

お忙しい中質問に答えていただきありがとうございます
m(_ _)m
2015/06/08(月) 05:56:44 | URL | 京介 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hyperspeed.blog92.fc2.com/tb.php/615-63b92aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック