生きてます。

萌えっ娘もんすたぁゆっくり実況プレイ、「ぼくともえもん」のリンク・連絡事項などを書いてます。


【連絡】

今日の19時半より生放送予定です。
よろしくお願いします。


【日記】

あ、ポケモンGOが日本でも公開されたみたいですね。

んー、最近歩いとらんし・・・、健康にいいかのう(爺脳)。

と思ったら、私の携帯のバージョンが対応しとりませんでした。残念。



あ、49さんの「思い出読みの憶絵さん」読みました。

ストーリーとしては、簡単に描くと、

主人公の勤め先の古物屋を舞台として、
物の記憶を読むことができる店員の少女が、
古物店に持ち込まれた物の記憶を読んで、
依頼人の悩み・迷い等を解くといったところでしょうか。

その様子を主人公の第三者視点として画かれています。

3章構成で、
1章が記憶読みについて、
2章が記憶読みの少女について、
3章が主人公に対する物語、
といったところ。

率直な感想としては、凄く綺麗な物語だなーと。イメージは清流、青。

物に宿った記憶をたどることで、
物の元々の持ち主の思いを読み解いていく様子が凄く綺麗だなと思いました。

章の中では1章が一番の好みですね。

この物語のメインである記憶読みが一番生かされており、
始まりから終わりまでの纏まりが一番すっきりしていて読みごたえがありました。

特におばあさんの持ちこんだモノの記憶を読み取った時のストーリー等は、

歳がいながら目にくるものがありました。



若干気になった点としては、
主人公が第三者のためいまいち物語の主点とならない、
セリフが連続していて(間の緩急が少ない)、読みづらかったところでしょうか。

3章で一応主人公が主点になりますが・・・、物の思い出読みがあんまり無かった。

読み手視点から見ると、主人公の身内が突然豹変したようにも見えましたので、
もう少し物の思い出読みを多くして、状況変化を伝えた方が良かったのかなぁとか。
ページ数の問題もあったのかもしれないですが・・・。



単純に面白かったです! で終わるのは読者としても執筆者としても良くないと思いますので、
良い点も悪い点もコメントしました。

まぁでも、49さん刊行おめでとうございます!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hyperspeed.blog92.fc2.com/tb.php/742-52013b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック