生きてます。

萌えっ娘もんすたぁゆっくり実況プレイ、「ぼくともえもん」のリンク・連絡事項などを書いてます。


【連絡】

今日の19時半から生放送予定です。
よろしくお願いします。

【日記】

唆凪です。ここ一週間、胃痛がやばいっす。 とても心労がきついっす。

水曜日に家帰ってぶっ倒れたのは久しぶり。 いやん。



まぁそれは置いといて、表題の通り、リゼロのアニメが終わりましたね。

1人のリゼロスキーとしては、ほんとよく出来たアニメだったなーと、感傷に浸ってるとか。
(最後にただそれだけの物語で〆たのは、正解だったと思います。うん。)

んーで、こっからは個人的なリゼロの考察・・・というか、

調べていて、あれ、共通点多い? って思ったことをこっそり書いときます。

かなりのリゼロネタバレ、あと特定のゲームのネタバレになるので、追記にて。


作者、長月達平さんですけど、

とあるログで、こんなことつぶやいてたんですよ。

「Kanonは俺にとって聖書」「あゆシナリオがこの世で一番素晴らしい」

んで、ちょっと調べてみたら、リゼロの物語との共通点?的なモノが多いのかなーと思いまして、
書き記した次第。

実は、俺もKANONはプレイしたことが無いので、憶測が多いですが、
そこらへんはご勘弁。

まず、Kanonのあゆシナリオですが、簡単に言えば下記のストーリーと言ったところらしい。

1.月宮あゆは、元々主人公と親しかった。

2.月宮あゆは、7年前に木登りで転落し、植物状態となった。

3.主人公はその現場にいたが、ショックで当時の記憶を封印し、別の街に引っ越した。(ここちょっと憶測)

4.その7年後、わけあって現場の街に帰ってきた。←ここからがゲームスタート

5.月宮あゆは、植物状態ながら生霊となって主人公に会いに来た。(奇跡と言われる現象?)
  ただし、生霊と言っても、普通に人間っぽいですし、憑いているわけではない。

6.ストーリーが進むにつれて、あゆと親しくなったが、
  とある事情より、生霊あゆは別れを告げ、消えてしまう。
  いわゆる、「ボクのこと、忘れてください」シーン。

7.主人公はあゆのことを思い出し、
  植物状態のあゆに会う。

8.あゆが目を覚ましてハッピーエンド。

原作を良く知っている人からすると感動的な部分とか端折られていて不満かもしれませんが、
つまり要約すると下記の感じ。

①主人公とヒロインは過去に会っている。
②ヒロインは事情があって、動けない。
③主人公はヒロインのことを忘れている。
④わけあってヒロイン(ダミー)と再開する。
⑤ヒロイン(ダミー)と交流する。
⑥ヒロイン(ダミー)と別れた時、主人公は記憶を取り戻す。
⑦ヒロインと再開し、ハッピーエンド。

んで、次は、リゼロとの共通点です。

いわゆるヒロインはサテラ、ヒロイン(ダミー)をエミリアと置くと、
①については、まだ憶測の段階ですが、
  どうもスバルはサテラと面識がある様子が度々書かれています。
  黒い夢でのサテラとの会合では「今度は俺から会いに行く」と言ったり、
  4章でのお茶会サテラとの会合では、何か知っているような描写がありました。

  また別キャラから見ても、400年前に居たのでは?と言った考察ができます。
  ・お茶会にて400年前の魔女達に賢者候補として認識されている、
  ・6章でシャウラにお師匠様(400年前の賢者)と懐かれてる、
  ・シャウラのポニーテールや技について賢者が名づけており、
   「スコーピオンテール」や「ヘルズスナイプ」と 「インビジブル・プロヴィデンス」が似通ったネーミングセンスである、
  ・ってか、シャウラ公言での賢者フリューゲルの行動とスバルの行動が妙に似通っている、

②については、文章で書かれている通り、
 封印されているため、動けない様子。

③については、①と同様の内容なのでカット。

④、⑤については、エミリアとの会合ですね。
 エミリアがサテラに似ていることは、文章で度々書かれている通り、瓜二つらしい。
 これは物語の大きなナゾとされていますが、
 もしかしたら、サテラコピー的な存在なのかも・・・。
 しかし少なくとも100年前に親がいて、父親がエルフってところまでは、
 ぼんやりと描写されているため、まだまだ不確定です。

⑥、⑦については、まだまだこれからと言ったところですが、
 ちょっと気になっているセリフが、
 お茶会サテラが発した「そしていつか――必ず、私を殺しにきてね」。
 これ、あゆの「ボクのこと、忘れてください」に通じるものがあるかなと思いました。
 まぁちょっと喋っているキャラクターが、本物とダミーで逆ですが、もしかしたら・・・の可能性ですね。

上記より、私は大分似通っているのかなと感じました。

ってことで、ここからあゆルートと似たものとして逆算すると、
スバルは一度400年前(サテラの時代)に呼び出されて活躍し、
その後サテラのことを忘れて地球に返され、
また戻ってきてエミリア(サテラコピー)と会合、とストーリーが繋がるかと思いました(同一スバル説)。

この流れで行くと、終盤にエミリアが消えることになってしまいますけどね。うーん。

あくまでも有力候補とされている一説で、
他、スバルコピー説、複数スバル説(プレアデス星団より)、世界ループ説(Sirenと同じ)等、
色々とありますね。

まぁ長月さんは既にラストを決めているそうなので、
あとは神のみぞ知るということで。
ハッピーエンドで完結することを信じてます。

いやほんと、考察が面白い小説です。かしこ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hyperspeed.blog92.fc2.com/tb.php/761-73bdd372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック